MENU

急にお金が必要になった時は頼れる存在です!

急な出費でお金に困ってしまったら、消費者金融などの期間から融資を受けることを考えなければならない場合があります。
しかし、いくら業者とはいえ、知らない人からお金を借りると言うことに違和感がある人もいるでしょう。
しかし、業者はそれが商売であり、お金を貸して生計を立て、さらには国が認めている正式な業者であれば、決して悪いわけではありません。

 

しかし、いくらお金を貸してくれるといっても、誰でもいいと言うわけではありません。
ある程度の収入があり、返済能力がないと認められなければ、消費者金融からお金を借りることはできないのです。
その条件はさまざまですが、ある程度の収入が継続的にあることが条件であり、お金を借りるのが難しいと判断されると、融資は受けられないと言う判断になってしまいます。

 

近年では不況も手伝い、借りたお金を返せなくなってきている人もいます。
自己破産や個人再生に追い込まれ、苦しい思いをしている人が多いのも現状です。
まずは、借りる前にしっかりとしたプランを立て、本当に返せるのかどうかを考えた上で融資を申し込む必要があります。
万が一借りられないことも考えられますが、それは審査の結果であり、どこの消費者金融でもほとんど同じ結果になると考えましょう。

 

また、くれぐれもヤミ金融などに手を出さないよう注意が必要です。
法律が厳しくなり、悪徳業者は減少傾向にありますが、未だに減らないのが現状ですから、消費者金融から融資を受ける前に本当にちゃんとした業者かを調べる必要があります。

 

そして、金融に関する用語も多くあります。
すべてを覚えるのは大変ですが、よく使われる用語は意味を理解し、使い分けに注意する事をおすすめします。
専門用語で分からないからと、なんとなく聞き流していると後で苦しい思いをする場合もあります。

 

自分はどのようなプランでお金を借りるのか、または返済をするのかと言うことをしっかりと把握して消費者金融に臨むようにしたいものです。
正しく利用すれば、これほどありがたいものはありません。
消費者金融の利点やおすすめのポイント、注意点をしっかりと押さえ、間違いのない融資を受けるようにしましょう。
当サイトでも評判の良い先を紹介しているので、参考にして下さいね。

 

消費者金融おすすめはどこ?

 

 

お金貸し付けの専門家

消費者金融という言葉には二通りの解釈があります。
と言うのも、お金を貸す業者と言うのは、消費者金融だけではありません。
銀行や信販会社、一般的に言うクレジットカードのサービスを提供している会社もお金貸しの業務を行っているからです。
つまり、お金貸しの専門業者だけではなく、銀行や信販会社が行うキャッシング類も含める意味合いと、専門業者だけの意味合いがあります。
ここでは、銀行や信販会社は含めずに内容を進めていきます。
消費者金融は、銀行系や信販会社とはまた違ったお金の融資のサービスを行っているケースが多いです。
たとえば、一定期間は無利息で借りることができたり、どこか他のサービスを別途利用が可能になったり、そのサービス内容はさまざまです。
銀行系だと、その銀行のATMが使えるなどの特典、信販会社だと、クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の分化などがありますが、これらのサービスとは大きく異なります。
消費者金融、いわゆるサラ金は、今こそ法律も厳しくなり変なことはできない時代になりましたが、サービスが始まったころは取立てが厳しかったり、金利が高すぎて問題になったりしたこともありました。
以前のイメージが払拭できない人は、サラ金は怖いといった印象がぬぐえない人も多いのが現状です。
しかし、近年は融資額に制限を設けて返済をしっかりとできるようなプランを提案したり、金利の適正化を図ったりとさまざまな改善努力をしています。
未だに悪徳業者は撲滅できていませんが、ほとんどの業者は改善され、安心して利用できるようになりました。
大切なのは、お金を借りる際に選ぶ業者次第、本当に困ってしまったときには自分の状況や将来的なものもしっかりと検討して、融資を受けるようにしたいものです。

 

消費者金融おすすめはどこ?

 

金利は高い?

消費者金融の概要のひとつとして代表的なものが、金利と呼ばれるものです。
お金を借りている以上、必ず返さなければならないのは言うまでもありませんが、金利という名の利息分を合わせて返済しなければなりません。
この利息額は法律で定められた利率内で設定されているのですが、この金利が消費者金融の場合、やや高い傾向があるとされています。
金利というのは、業者側の儲けに当たるものですが、この利率は業者によって異なり、また系統でも差が出ているのが現状です。
比較的金利が安いとされているのが銀行系で、その代わりに融資の審査が厳しくなっています。
また、信販会社系統の融資は消費者金融と銀行系の間くらいの金利であることが多いです。
では、消費者金融が必ず高い設定なのかと言うと、それも当てはまらなくなりつつあります。
確かに、グレーゾーン金利が撤廃され、適正な金利上限ギリギリいっぱいを金利としている業者もいます。
しかし、現在はサービスの見直しなどにより、以前よりはるかに安い金利を提供している業者もあります。
金利が高い業者イコール悪い業者という数式が必ずしも当てはまるわけではありませんが、利用者からしたら、金利は安い方がありがたいのは言うまでもありません。
金利が高いということは、それだけ返済額が増え、返済に時間がかかるということです。
借りた側も早く返したいというのが実情ですが、金利に悩まされるという人も少なくありません。
融資を受ける際には、金利と返済のバランスをよく考え、無理のない借入れを行うようにしましょう。

 

消費者金融おすすめはどこ?

 

審査はゆるい?厳しい?

融資を受けるに際し、どのタイプのキャッシングであっても、必ず審査というものがあります。
審査は、所在や仕事、家族にいたるまでさまざまなチェック項目がありますが、一番大切なのは、しっかりとお金を返せる能力があるかどうかの問題です。
ここでいうお金を返せる能力というのは、実際に仕事をしていて、ある程度定職で一定の収入が確保できている人のことを指します。
つまり、決まった収入があれば、アルバイトやパートであっても、融資を受けることができるというものです。
消費者金融の審査は、他のキャッシングの業者と違いはありません。
必要であれば会社への在籍確認も行われますし、自分の信用情報をチェックされて、最終的な融資金額が決定します。
消費者金融としては、商売なのでお金を貸したいという気持ちはあるのです。
しかし、どんな人にでも貸していて、お金が返ってこなければ、それは商売にはなりません。
ある程度お金をしっかりと返してくれるだろうという信頼があってこそ、始めて融資は成り立つのです。
そのため、しっかりとした審査を行いますが、その審査には比較的とおりやすいと言われています。
銀行系で審査を受けてみたけれどダメだった人が、消費者金融の審査でOKをもらえることがあるほどです。
だからといって、誰でもお金を貸してくれるというわけではありませんので、しっかりとした収入源を持っていることが条件になるというのはおぼえておくようにしましょう。

 

消費者金融おすすめはどこ?

 

総量規制について

金利、審査ときたら、次はどのくらい融資を受けることができるのか?ということが重要になってきます。
使い方によってその目的は変わってくるのですが、やはり、ある程度の金額は借りられないと困るという人が消費者金融を利用します。
しかし、審査の結果次第では思ったほどの金額を融資してもらえず、困ってしまう人もいるのが現状です。
消費者金融での個人向けの一般的な融資は、貸金業法という法律で定められた金額しか融資を受けることはできません。
総量規制と呼ばれるもので、年収の3分の1以上の融資は受けられないようになっています。
一部例外こそあるものの、消費者金融の場合はこの総量規制があるため、どんなに多く借りられたとしても、限度があるということを覚えておきましょう。
この規制は、以前は収入さえあれば、貸金業者の許す限りお金を借りることができていました。
しかし、借りすぎて返済ができず、財産を手放したり、破産手続きに追い込まれてしまったりする人が続出するようになり、借入れの上限を定めるということになったのです。
今まで借りてしまったものに関しては例外となりますが、新規の融資に関しては、総量規制に則った金額を上限として、借入れを行うことができるようになっています。
では、借入れをもっと行いたいと考えている人はどうすればよいでしょうか。
一番確実なのは、銀行系の融資を受ける方法です。
銀行系は総量規制の対象外となっており、審査こそ厳しいものの、ある程度の金額を工面することができます。
審査にやや受かりやすい傾向があり、融資の壁は低いとされていますが、借入れ金額には制限があるということを覚えておきましょう。

 

消費者金融おすすめはどこ?

 

銀行・信販の違いについて

ここでは、消費者金融という言葉を広義で見た際に、銀行系、信販会社系と分けられるのですが、これらとの違いについて見ていくことにしましょう。
まず、銀行系ですが、その名の通り銀行自体が融資を行う媒体となっており、財政的にも安定しているのが特徴です。
また、銀行というイメージからもお金の融資を受けているといったイメージを受けにくく、融資の相談を受けやすいという一面があります。
しかし、銀行系の審査は厳しく、金利を安くする代わりに確実に返済をしてもらおうという動きが一般的です。
したがって、消費者金融などと比べると、審査に時間もかかりますし、その内容も厳しいものになっていると言われています。
その分、総量規制の対象外となり、銀行が許す限り、融資を受けることができるので、高額融資を検討している人に最適です。
次に、信販会社系ですが、クレジットカードを発行している会社という印象の方が強い人も多いのではないでしょうか。
実際にクレジットカードと並行して個人向けのカードローンのサービスを行っています。
こちらも消費者金融と比べるとイメージは良好なのですが、実際にお金を借りるという意味では変わりありません。
また、総量規制の対象でもありますので、借入れ金額に限度はあります。
金利は銀行系と消費者金融の間くらいの利率である場合が多いです。
このように、お金の融資を受けられると言う意味では同じなのですが、金利やサービスが一部異なります。
どこで借りるかを決定するのは自分次第です。
複数の業者をしっかりと比較し、融資に臨むようにしましょう。

 

消費者金融おすすめはどこ?